sign.png

従来の金属3Dプリンタの10分の1の導入コスト

概要

Metal X.png

  • MarkforgedのMetal Xは、ADAM(Atomic Diffusion Additive Manufacturing)という新方式を採用した画期的な金属3Dプリンタシステムです。従来のパウダー方式の3Dプリンタに比べて、導入コスト、安全性、使用の手間といった面で特長の多い機器です。

ADAM方式

ADAM方式は3DプリントとMIM(Metal Injection Moliding)を組み合わせた方式です。本体でバインダーと混合された金属粉末を積層させ、その後洗浄装置でバインダーを半分除去後、焼成炉で焼結させて最終パーツができあがります。MIM方式は数十年前から金属パーツの製法として確立されており、iphoneの部品などに使われている実績のある方式です。それを3Dプリンタと組合せたことがMarkforged社の斬新なアイディアとなっています。

ADAM.png


特長

投資対効果

図4.jpg

  • プリンタ本体価格は、従来設備の最大1/10です。
  • 付帯設備も含めたシステム導入コストはもちろん、材料費や保守費などのランニングコストも最小限に抑えられます。
  • 金属3Dプリンタの導入ハードルを一気に下げ、最大の投資対効果をもたらします。


安全性

図5.png

  • Metal X のマテリアルは、メタルが主成分で、樹脂やワックスを含んだフィラメント・スプールです。
  • 金属粉やレーザーを使わないので、とても安全で、作業員や作業室の防塵・防爆対策なども要りません。


マテリアル交換が簡単

基本的に、プリントヘッドを交換せずに、複数の金属マテリアルが使えます。
手間のかかるチャンバー内の洗浄は必要なく、コンタミ(異物混入)の心配がありません。

名称未設定-1.png


サポートの設計・取り外しが簡単

Metal X / ADAMでは、サポート構造(金属)とパーツ本体の間に、第二ノズルでセラミックスの分離層をプリントします。
セラミック層は焼結後に脆くなるので、サポート部分は手で簡単に外れます。複雑なサポート設計も、ADAMプロセスでは不要です。

名称未設定-1.png


幅広い用途

金属を均一に焼結するADAM方式により、異方性のない、密度約96%の金属パーツを製造します。そのため、様々な治工具、ロボットのエンドツール、そして最終用途部品まで幅広く活用できます。

名称未設定-1.png


導入事例

図12.jpgエンドエフェクタ

  • Dixon Valve社ではロボットアームのエンドエフェクタの一部をMetal Xを使用して作成しました。
  • ネジ加工してある部品を運ぶため、エンドエフェクタには強度だけでなく耐摩耗性も求められます。また、様々な形状の部品を運ぶために形状をフレキシブルにデザイン変更できることも重要です。
  • Metal Xでは非常に低コストかつ短期間で強度および耐摩耗性の高い部品を作成することができ、これまでの製造工程に大幅な変化をもたらしました。


洗練されたソフトウェアEiger

各拠点に設置された3Dプリンタを、専用ソフトウェアEigerにより一元管理することができます。使い方も非常にシンプルでどなたでも簡単に使うことが可能です。

図6.png


仕様

METAL-X仕様.jpg


開発元

お問い合わせ先

関連製品

商品カタログ(PDF 1.02 MB)

Metal-X.jpg

ご購入についてのお問合せ