SolidWorks

SOLIDWORKSホワイトペーパー

画像をクリック頂いてもPDF・動画は参照できません。PDF・動画の閲覧には、メールアドレスのご登録が必要です。
  ※このページの一番下の「お申込はこちらから」または こちら からご登録ください。
お申込みの際ご記入いただいたメールアドレスは、弊社の個人情報管理の規定に従い厳重に取り扱います。

ホワイトペーパー(PDF)No.39~No.40(2016年3月、5月)

CAD/CAM 統合:製品開発プロセスを大幅に改善new_a005.gif

sample40.jpg統合されたCAD/CAM ソリューションを用いることで、従来の分断された設計と製造に伴う問題を克服することができます。統合CAD/CAM プラットフォームを使用することで、サイクルタイムの短縮、コスト管理、品質の向上を実現し、同時に製品設計と製造担当者との協力とコラボレーションを促進できます。
(全10頁)

優秀なCADリーダーになるための10の戦略

SWWP2016.jpg成功を収めているエンジニアリング企業には、2つの重要な共通点があります。それは、一貫した生産性の向上と、製品開発への技術革新の投入のために、コンピュータ設計支援(CAD) テクノロジが活用されていること、そして、利用可能なCADツールを最大限に活用できる有能なマネージャがいることの2点です。戦略的なアプローチによってCADソフトウェアや関連アプリケーションを実装し、使用すれば、あなたも必ず優秀なCADリーダーになれます。ここで紹介する10の戦略によって、その方法をお教えします。(全12頁)

ホワイトペーパー(PDF)No.33~No.38 (2011年8月~2012年1月、10月)

設計チームに活力を与える実証済みの戦略

sample38.gif企業におけるビジネスの成功、不成功を分けるものは継続した改善です。革新的な製品、効率的な製造、活気のあるスタッフは「この仕事をよりよく行うにはどうしたらよいか?」を常に考えている企業の証明です。継続した改善の原則を製品設計チームに適用する戦略について解説します。設計チームを重要で興味を持つ仕事に集中させ、正しいツールを与え、よりよいスケジューリングにより時間の使い方を最適化し、製造や営業プロセスに貢献させる方法について提案します。PDF(全9頁)

DFM Design for Manufacturabilityを使って製造の時間とコストを削減

163406_SW_MKT_Design_For_Manufacturability_WP_JPN_01.jpg製品設計には様々なアプローチがあり製造に大きな影響を与えます。実際、3次元設計は製造プロセスの効率化に対してより大きな可能性を持っており、特にDFM (Design for Manufacturability) ツールやアプリケーションを使用することでその効果は大きくあらわれます。これらの技術により製造の遅れ、コストの超過、製造現場での改造など、企業の成功と競争力にマイナスとなるさまざまな問題を回避することができます。PDF(全12頁)

統合されたシュミレーションでビジネスを拡大

174906_SIM_Engineering_Services_WP_JPN_01.jpg設計およびエンジニアリングコンサルティング会社は統合されたシミュレーション技術を導入することにより新たなビジネス機会を捉え、売上を拡大する上で強みを発揮することができます。厳しい経済状況の中、ますます多くの製造企業が設計の性能評価、あるいは製品開発および製造のその他の側面で、外部のエンジニアリングサービスプロバイダの支援を活用しています。統合されたSOLIDWORKS Simulationソフトウェアを活用することで、このトレンドがコンサルティングビジネスにもたらす利益を確保し、顧客との貴重なパートナーシップの維持と収益向上を同時に実現することができます。(全12頁)

医療機器設計のための解析ガイド

183906_SIM_MedicalProductAnalysis_WP_JPN_01.jpg医療機器設計で生産性を最大化するための本ガイドでは、医療機器設計者が直面する課題の概要を解説します。実際に設計された医療機器を例にとり、SOLIDWORKS Simulationと仮想試作ツールによりこれらの課題を解決し、製品の品質、信頼性、安全性を確保する方法について説明します。(全11頁)

チェック プロットで迅速な問題検索

194206_SIM_Check_Plots_TP_DS_JPN_01.jpgSOLIDWORKSソフトウェアは、設計サイクル全体に渡って作業の迅速な進捗を支援します。チェックプロット機能では、詳細な解析を行う前に、問題となる領域を簡単に早くかつ効率的に絞り込むことが可能で、設計検証プロセス全体の合理化が行えます。(全13頁)

結合の理解

221606_SIM_Understanding_Connectors_TP_JPN_01.jpgSOLIDWORKSソフトウェアは、設計サイクルをよりスマートに進めるのに役立ちます。手早くしかも正確に設定可能な仮想結合によって、お客様は大量のピン、ボルト、ばね、溶接部などのモデリングの繰り返しに、貴重な時間を割くことなく、設計対象物の全体的な挙動に焦点を合わせることができるようになります。(全16頁)

SOLIDWORKSホワイトペーパー NO.23~32

ホワイトペーパー(PDF)No.1~No.32(28回に分割掲載:2008年4月~2010年9月)
資料は2010年にリニューアル済

非線形解析活用ガイド

SW_WP_9_Criteria_Choosing_CAD_JPN_1.jpgこのホワイトペーパーでは、線形解析と非線形解析の違いについて説明し、どのようなケースにそれぞれを使用するのが最適化を解析します。非線形効果を無視することにより重大な設計エラーにつながる可能性があることを認識することが重要です。一般的な設計に含まれるいくつかの例で確認することにより、非線形解析が過剰設計を防ぎ、よりよい製品の設計に役立つことが理解できるでしょう。PDF(全16頁)

SOLIDWORKSによる落下試験解析

SIM_DropTest_WP_JPN_01.jpgSOLIDWORKSソフトウェアでは、衝撃の解析のための計算がマイクロ秒以下の結果を得るために、短期間に数万ステップも計算する必要があるにもかかわらず、設計者が設計前段階で簡単に、そして迅速に落下試験を行えるようになりました。このホワイトペーパーはユーザーが必要な試験の実行、結果の取得、そのためのシミュレーションの技術を記しています。 ユーザーは、SOLIDWORKSによる他の解析と同様の画面や操作感で落下試験を実行することができます。PDF(全6頁)

疲労を防ぐ設計

SIM_FatigueAnalysis_WP_JPN_01.jpg1954年、世界初の商用旅客機デハビランドコメットの2件の事故により、「金属疲労」という言葉が新聞の見出しに登場し、その後長く世間の関心を集めることになりました。予圧客室を備えた最初の旅客機の1つでもありましたが、窓が正方形でした。予圧と飛行による繰り返し負荷により、窓の隅にクラックが形成され、このクラックが次第に広がってとうとう客室の破壊につながったのです。コメットのまねいた惨事は安全かつ強度のある設計を行おうとするエンジニアに警鐘をならす事件でもありました。PDF(全10頁)

実設計におけるCFDの役割

SIM_Flow_RoleofCFD_WP_JPN_01.jpg本書では、2種類のヒートシンク、医療用吸引機器、家庭用オーブン、産業用制御バルブを例にとり、設計者がSOLIDWORKS Flow Simulation使用して熱伝達および流体問題にとり組み、最適な製品設計に生かすためのヒントをご紹介します。SOLIDWORKS Flow SimulationはSOLIDWORKSを使用して製品設計しているエンジニアに対して、使いやすい、インテリジェントな CFD を提供する製品です。PDF(全14頁)

モーション シミュレーションを理解する

Motion_Simulation_WP_jpn_lowres_final_01.jpgモーション シミュレーションとは何でしょうか?どのような問題を解析できるのでしょうか?それは製品設計プロセスにどのようなメリットをもたらすでしょうか?本書ではこれらの問題を説明し、モーション シミュレーションで解析できる事例を見ていきます。また、CAE設計ツールとしてのモーション シミュレーションの実設計への適用例を紹介します。PDF(全17頁)

メカトロニクスを設計プロセスに組み込む

SWPrem_Mechatronics_WP_JPN_01.jpgメカトロニクス製品の設計者は、電気、機械、情報処理コンポーネントを統合した非常に複雑なシステムを開発しなければなりません。SOLIDWORKS Premiumおよび統合されたパートナー製品は、デジタルモデリングによりプロトタイプ作成数の削減、製品品質の向上、および開発プロセスを効率化することでメカトロニクス設計独自の課題を克服するのに役立ちます。PDF(全14頁)

データ 移行を成功させるためのベストプラクティス

PDM_DesignResuse_01.jpgモデルやファイルを探して貴重な時間を費やすことが多くありませんか?オリジナルモデルが見つからないためにモデルを再度作り直さなければならなかった経験はありませんか?時間を費やし、設計を行ったものと、類似の設計が既にモデル化されていた経験はありませんか?統合された製品データ管理(PDM)システムを使っていないのであれば、このような時間の無駄に思い当たる点があるでしょう。PDF(全9頁)

データ 移行を成功させるためのベストプラクティス

Data_Migration_JPN_01.jpg3D CADソフトウェアへの移行により業務パフォーマンスは劇的に改善されますが、この投資には既存データの扱いについて、以下の課題が生じます。どの位の量の既存データを3Dモデルに変換するべきか。どの時点で変換を行えばよいか。どの既存データを変換すれば良いのか。変換エラーをどうやって回避すべきか。これらの疑問に明確に答えるCADデータ移行方法概要を紹介し、その目標、投資効果、検討事項、品質の問題、ベスト プラクティスについて解説します。PDF(全8頁)

SOLIDWORKSによるコンシューマー向け製品の設計効率化

SWPrem_ConsumerProductDesign_WP_JPN_1.jpgSOLIDWORKS Premiumは強力なサーフェス作成機能、工業デザイン向け専用ツールからジオメトリを簡単にインポートする機能、業界トップの機械設計環境を一つのパッケージにまとめることにより、工業デザインと設計開発間のギャップを解消します。このホワイトペーパーでは、SOLIDWORKSの提供するコンセプトから製造までの完成されたモデリング環境について紹介します。PDF(全8頁)

2次元CAD設計から3次元CAD設計の世界へ

SW_Bridging2Dand3D_WP_JPN_final_01.jpg今日のデジタル化社会において多数のメーカーが2次元CADから、3次元CADに急速に移行しつつあるなかで、設計者は3次元化により設計の改善とコミュニケーションの強化を図ろうとしています。Webサイトからラピッドプロトタイピングまで、顧客、設計者、エンジニアはみな最新の3次元モデリングツールに依存しています。本ホワイトペーパーでは、SOLIDWORKS 3D CAD を使って設計するメリットについて紹介し、3次元への移行を決めた後どのように既存の2次元データを活用できるかを解説します。PDF(全15頁)

SOLIDWORKSホワイトペーパー No.13~No22

3次元CADシステムを選択するための9つの基準

SW_WP_9_Criteria_Choosing_CAD_JPN_1.jpgさまざまな製造業種において、今日使われているCADシステムの半数から少なくとも三分の一が3次元CADです。残りは2次元CAD作図システムです。2次元の方が効率的な作業も常に存在しますが、この数字は、多くの組織がまだ3次元手法を活用する余地を残していることを示唆しています。PDF(全8頁)

SOLIDWORKS Composerを用いたメーカー全体の製品ドキュメンテーションの効率化

3DVA_StreamliningProductDocumentation_WP_JPN_1.jpgSOLIDWORKS Composer(旧3DVIA Composer)のような3次元オーサリング ソフトウェアを用いることで企業は製品設計を変更することなく、3次元CADデータを使用して製品ドキュメンテーション プロセスを自動化できます。常に変化し続ける性質を持つCADデータに対応することで、この連想性を持つドキュメンテーション ツールはシームレスかつ簡単にドキュメンテーションを最新の状態に保ちます。PDF(全10頁)

製品設計の観点からの熱解析

SIM_ThermalAnalysis_WP_JPN_1.jpg製品開発のコストと時間を削減する上で、従来のプロトタイプによる試験方法は、過去十年間にその大部分がシミュレーションを使った設計プロセスに置き換えられました。高価で時間のかかる物理プロトタイプの必要性を削減するシミュレーションプロセスでは、変更の簡単なコンピュータモデルを使って製品のパフォーマンスを予測することが可能になります。PDF(全17頁)

産業用機械および重機設計の効率化

SWPrem_IndustrialMachinery_WP_JPN_1.jpgますます競争の厳しくなる今日 のグローバルな市場において産業用機械および重機メーカーは 困難な開発課題に直面していま す。製品の市場投入までの期間を
短縮し、コストをコントロー ルし、製品の複雑性を改善するには、製品開発システムの進化 と3次元ベースの設計技術の 導入が必要となります。3次元 CAD環境の活用により優れた機械をより短期間に、そしてより低コストで開発し、製造することにより競合他社に差をつけることが可能となります。PDF(全13頁)

SOLIDWORKS Intelligent PDM Vault

EPDM_PDMVault_WP_JPN_1.jpgIntelligent PDM Vault を使用して最初に気付く違いは、Intelligent PDM Vaultが部品、図面、アセンブリの間の関係を認識しているということです。CAD ファイルをVault にドラッグ、コピー、またはインポートするだけで、使用先や参照先のような重要な情報をボタン1 つで自動的に取得できるようになります。部品からはVault 内でどのアセンブリに使用されているかが示され、アセンブリに関してはそれに含まれるすべての部品が自動的に認識されます。名前が変更されていたり、移動されたりしていても問題ありません。PDF(全9頁)

石油およびガス業界に向けた効率的な設計

SW_EfficientOilandGas_WP_JPN_1.jpg競争が激化し、常に変化し続けている今日の石油およびガス業界の環境において、複数の機能要求と取り組むために設計データを効率良く利用するには、限りのある2次元設計ツールはもはや現実的な選択肢とはなりません。しかし、SOLIDWORKSを使用することでエンジニアは、概念や提案の作成から検証、製造、導入にいたるまで開発プロセスのあらゆる段階で生じる課題に応じられます。3次元設計テクニックを用いることにより、概念開発、設計自動化、シミュレーションやコミュニケーションのほか、プロトタイプの開発や製品製造にも同じモデルを使用できます。PDF(全9頁)

革新的な医療機器をより早く市場へ

SWPrem_InnovativeMedicalProducts_WP_JPN_1.jpgSOLIDWORKSソフトウェアを使用することにより、製品を定義するのに必要な全ての情報を含んだ、構想設計のフィーチャーベースのパラメトリックモデルを簡単に作成でき、また変更や文書化のプロセスも効率的に管理できます。メインの機能には、ロフト、可変半径フィレット、抜き勾配等洗練されたソリッドモデリング機能が多数含まれています。複雑な医療用機器のジオメトリ、機能性、製造性を定義するには、これらの様々なフィーチャーが必要となるでしょう。また設計を3次元で視覚化できますので、問題となりそうな箇所の判断も効率的に行うことができ、製品開発プロセスで追加コストが発生するのを回避することができます。PDF(全10頁)

3次元への道

JPN_Path_to_3D_1.jpg同じ会社というものは1つとしてなく、ここで示す推奨事項が当てはまるかどうかはそれぞれ異なります。しかし、これらの各提案を慎重に検討することで、設計マネージャーは悪影響へのリスクを減らし、自信を持って3 次元の導入を開始することができます。PDF(全9頁)

CADマネージャーガイド

CAD_ManagerGuide_FINAL_JPN_A4_1.JPG3次元モデルには非常に多くの詳細情報が含まれているため、設計者やエンジニアはより明確に製品情報を伝達したり、複雑な部品やアセンブリを視覚化したりすることができます。3次元モデルデータは解析ツールや検証ツールに転送したり、CAM で使用したりすることもでき、得られる結果の精度が向上します。またデータの再作成の必要がなくなり、時間が節約されます。多くの3次元モデリング プログラムは、(たとえば既存の設計の再利用や部品ファミリーの迅速な作成を可能にして) 設計プロセスの自動化の側面から生産性を向上させる機能を備えています。PDF(全8頁)

SOLIDWORKS Premiumによるより良い製品設計の推進

SIM_DrivingBetterProductDesign_WP_JPN_1.jpgシミュレーション技術はどのように設計プロセスを改善しますか?業界トップクラスを目指す企業にとって、シミュレーションソフトウェアは製品開発の初期段階から重要なツールとなります。適切なツール、ハードウェアがあれば、シミュレーション技術により、設計エンジニアは、適切なタイミングでより良い決定をすることが可能になります。この結果、より良い製品、より低いコスト、より迅速な市場投入期間を実現できます。PDF(全13頁)

SOLIDWORKSホワイトペーパー(動画) NO.11~12

SOLIDWORKS Simulationによる優れた製品設計

sample12.gifSOLIDWORKS Simulation ツールを使用すれば、最小限の労力でコストを抑え、より優れた製品の設計が可能になります。実際の動きに沿って、画像でご覧いただくことができます。SOLIDWORKSによる設計コストの削減と、スピーディな設計プロセスの実現を是非ご覧下さい。(再生 約4分、音声付)

SOLIDWORKSによるSheetMetal設計

sample11.gif板金エンクロージャの設計を実際の動きに沿って、画像でご覧いただくことができます。SOLIDWORKSによる設計時間の短縮と、スピーディな設計プロセスの実現を是非ご体感ください。(再生 約4分、音声付)

SOLIDWORKSホワイトペーパーNo.1~No.10

SOLIDWORKS Premiumによるより良い製品設計

SWPrem_DesigningBetterProducts_WP_JPN_1.jpgより良い製品をかたちづくるものとは何か?設計者、エンジニア、経営者、およびメーカーは、その職務や業界での役割によって「より良い製品をつくる」という言葉の意味にさまざまな構成要素を挙げることでしょう。要するに、答えは個人の見解に基づいているのです。そしてまた個人の見解は、彼らの人生経験や独自の基準に影響されています。「より良い製品」は人によってさまざまな意味を持ちますが、以下の6つの主要な要素によりその特徴を定義することができます。PDF(全14頁)

包装用機械設計の効率化

SWPrem_PackagingMachinery_WP_JPN_1.jpg今日、梱包用機械業界では、開発能力の限界を試されるような業界特有の課題に直面しています。コンシューマ向け商品メーカーは、変化し続ける顧客ニーズや好みに訴えるため、新しい形状の容器を懸命に模索しています。梱包用機械メーカーで製造される機械はほとんど全て、洗練された梱包デザインを商品化しながら、生産効率を高めるため、あるいはコストを削減するために設計された、特注の機械となっています。PDF(全10頁)

設計自動化によるコスト削減と収益性の向上

SW_UsingDesignAutomation_WP_JPN_1.jpg設計自動化を実現することにより、特注製品の製造業者は何日もかかるカスタム開発工程を数分以内に完了できるようになります。また、設計自動化により個別の販売プロセスに含まれる事実上すべての要件、すなわちSOLIDWORKS® モデル、図面、見積書、製造データなどの作成を効率化し、容易にします。PDF(全13頁)

SOLIDWORKSを使って金型を設計する方法

SWPrem_DesigningMoldsQuickly_WP_JPN_1.jpg今日ますます競争の激化する金型製造業界にあっては、迅速、正確かつコスト効率の良い金型設計が求められています。SOLIDWORKS® Premiumソフトウェアはこれらの厳しい課題に対応するお手伝いを致します。自動化された金型設計、解析、検証ツールにより、より優れた金型をより短時間、低コストで開発することができます。SOLIDWORKS ソフトウェアを活用することで、顧客の求めるリードタイム短縮と低価格化、メーカーの利益率向上を同時に実現することができます。PDF(全8頁)

機械設計製品開発において中心的な役割を果たす解析機能

SIM_AnalysisGuideMachineDesign_WP_JPN_1.jpg解析およびシミュレーションソフトウェアは大規模な機械を開発する上で欠かせないツールです。設計サイクルの早い段階で設計を評価する、現場での初期故障の原因を突き止める、コストと重量を削減するための設計変更を迅速に検討する、製品の完全率を調べる、などのことが可能になります。解析ツールの利用は、開発対象の規模と複雑性から、特に機械設計者にとって非常に重要です。解析ツールを使うことによって、機械に多数の稼動部品が含まれる為、設計者のチェックだけでは見逃されてしまう可能性がある問題点を発見することが出来るでしょう。PDF(全10頁)

メインストリームユーザーのための使いやすいPDM

EPDM_EnterprisePDM_WP_JPN_1.jpgユーザーが複数存在する設計環境では、3次元設計データを「プロジェクトフォルダ」や「共有ドライブ」を使って効率的に管理することは非実用的で、ほとんど不可能です。アセンブリ、部品、図面の管理においては、ファイルの命名規則や新規ファイル作成手順に注意深く従う必要があります。製造メーカーが3次元CAD技術の力を最大化し、生産性を向上し、コラボレーションを推進し、貴重な3次元設計データを最大限に活用する上で、製品開発チームにはSOLIDWORKS Enterprise PDMのようなシンプルかつ使いやすいソリューションが必要とされています。PDF(全10頁)

建設分野だけのものではなくなった、「環境に配慮した設計」

SIM_SustainableDesign_WP_JPN_1.jpg環境に配慮した設計とは?環境に配慮した設計とは、環境にやさしく、社会に対して公平で、経済的に実行可能な製品およびシステムを作るための包括的で全視野的なアプローチです。環境的には、設計が明白か、または環境への利点を計測しやすいということ。社会的には、製造、利用、廃棄または再利用に関わる全ての人のニーズを
満たしていること。そして、経済的には、設計が市場での競争力を持っていること、だと言えます。PDF(全16頁)

SOLIDWORKS Office Premium がコンシューマ向け製品設計にとって最高の選択肢である10の理由

SWPrem_Consumer10Reasons_WP_JPN_1.jpgCADシステムとしては初めて、SOLIDWORKS には「エキスパート」ソフトウェアツールセットが組み込まれています。これらのツールは、基本的な共通機能を自動化するだけでなく、経験豊富なCAD の熟練者のように設計上の問題を実際に解決します。総称してSWIFT (SOLIDWORKS Intelligent FeatureTechnology) と呼ばれるこれらのツールのゴールは、三次元CAD ソフトウェアの「考え方」を習得する必要をなくし、すべてのSOLIDWORKSユーザーを最初から熟練者のようにすることです。PDF(全12頁)

SWIFTテクノロジー設計に集中できる技術です

SW_SWIFTTechnology_WP_JPN_1.jpgCADシステムとしては初めて、SOLIDWORKSには「エキスパート」ソフトウェアツールセットが組み込まれています。これらのツールは、基本的な共通機能を自動化するだけでなく、経験豊富なCAD の熟練者のように設計上の問題を実際に解決します。総称してSWIFT (SOLIDWORKS Intelligent FeatureTechnology) と呼ばれるこれらのツールのゴールは、三次元CAD ソフトウェアの「考え方」を習得する必要をなくし、すべてのSOLIDWORKSユーザーを最初から熟練者のようにすることです。PDF(全10頁)

Going 3D: 2次元CAD ユーザー向けサバイバルガイド!

Going_3D_01.jpgこの電子ブックでは、製造会社が3次元設計環境への移行を考える際に直面する懸念事項について詳しく考察します。 具体的には、3次元ソフトウェア パッケージの評価、技術面と文化面で生じる実装に関する問題、履歴データの保存、下流工程におけるデータ使用、アドオン ソフトウェア ツールなどのトピックスを題材に考察していきます。PDF(全40頁)

ダウンロードのお申込み

PDFダウンロード・動画閲覧のお申し込みはこちら

ダウンロード先を自動返信する仕組みとなっていますので、メールアドレスは正確に入力願います。
自動返信メールは、10~20分ほどタイムラグが出る場合がございます。そのまま、お待ち下さい。
今後の参考にさせて頂くため、後日、お電話及びメールにて、ご意見をお伺いする場合があります。あらかじめご了承下さい。あわせて、「株式会社テクノソリューションズ 新情報ニュース」のメンバー登録も兼ねさせて頂きます。